特集

建設業で外国人を採用するメリット|人材不足の背景を知って対策を立てよう
建設業で外国人を採用するメリット|人材不足の背景を知って対策を立てよう

日本の建設業就業者数は、1997年の685万人をピークに減少を続けており、2022年には479万人にまで減少しています。この記事では、建設業が人材不足に悩む背景について触れつつ、外国人を採用するメリットについて解説します。

読む
在留資格「定住者」とは|特徴や雇用するメリット・注意点を解説
在留資格「定住者」とは|特徴や雇用するメリット・注意点を解説

数多くの在留資格の中でも「定住者」は比較的立場が安定しているとされ、雇用するにあたって業務における制限が設けられていないのも特徴です。この記事では、身分系在留資格の一つ・定住者について、特徴や雇用時のメリット、注意点などを解説します。

読む
宿泊業の人手不足はアフターコロナで深刻化する?対策についても解説
宿泊業の人手不足はアフターコロナで深刻化する?対策についても解説

アフターコロナの時代を迎え、新しい動きをかけなければならない中、多くの宿泊業では人手不足に悩む状況が続いています。この記事では、宿泊業が慢性的な人手不足に悩む理由について、原因・背景を深堀りしつつ対策についても解説します。

読む
外国人材が災害に巻き込まれたら|企業が構築しておくべきサポート体制
外国人材が災害に巻き込まれたら|企業が構築しておくべきサポート体制

自社で外国人材が働いている場合、企業・経営者が注意しなければならないことの一つに「災害への対応」があげられます。この記事では、日本語が不慣れな人材が災害に巻き込まれてしまった場合を想定して、企業が構築しておくべきサポート体制について解説します。

読む
特定技能2号評価試験の新たな動きについて|製造業分野の状況も解説
特定技能2号評価試験の新たな動きについて|製造業分野の状況も解説

令和5年6月9日の閣議決定にともない、特定技能2号の対象分野が11分野に拡大したのは記憶に新しいところです。この記事では、各分野における取得要件や、実際に評価試験の流れが具体的にまとまった製造業分野の動きなどについて解説します。

読む
飲食料品製造業の特定技能は技能検定試験が難しい?傾向や合格率などを解説
飲食料品製造業の特定技能は技能検定試験が難しい?傾向や合格率などを解説

特定技能12分野は、それぞれ技能検定試験・日本語試験合格等の基準を満たさなければ在留資格を取得できず、飲食料品製造業に関しても同様です。この記事では、飲食料品製造業の特定技能における技能検定試験について、難しさや問題の傾向・合格率などを解説します。

読む
海外から見た就労先としての日本〜タイ編〜
海外から見た就労先としての日本〜タイ編〜

近年、日本は外国人から選ばれなくなっている傾向にありますが、そんな中、SATAKEグループは積極的にタイに進出し、エス・アイ・プレスメント株式会社を通じて現地法人を構えています。この現地法人は金属加工部品の輸出入や、タイ国内での人材紹介業を行っており、特に日本で就労経験のある人材をタイ国内の日系企業向けに積極的に紹介しています。 外国採用の現場から見た実情は一体どうなのでしょうか?今回の記事では、私たちSATAKEグループと深い関わりを持つタイからの視点で、日本を就労先として選ぶ理由や実際の就業状況について掘り下げていきます。タイ国内での活動を通じて見えてくる、日本とタイの労働環境やビジネスの魅力について、詳しくご紹介します。

読む
技能実習制度廃止で何が変わる?新しい「育成就労制度」についても解説
技能実習制度廃止で何が変わる?新しい「育成就労制度」についても解説

失踪などの問題が顕在化しつつも、労働力確保の観点から継続され続けてきた技能実習制度ですが、政府の有識者会議で現在の制度を廃止するとした最終報告書がまとまりました。この記事では、技能実習制度廃止にともなう変化について、新しい制度「育成就労制度」に触れつつ解説します。

読む
海外から見た就労先としての日本〜タイ編〜